WindowsからMacに変えてよかったことをまとめてみた

[toc heading_levels=”2,3,4″]
もくじ

前書き

本日はゆったりとした話をしたいと思います。

去年の11月に、MacBook Airを買いました。

今までずっと(約15年間)Windowsだけを使ってきましたたが、ここでMacに変えました。

Macに変えてよかったことを、ここに書いてみたいと思います。

Mac独自」のものと、「ただ単に新しいPCにしたから」というふたつの観点でお話していきたいと思います。

個人的な主観にもとづいておりますので、「へぇ〜、あっそ」と軽い気持ちで読んでいただければと思います。

新旧のPC

今まで使っていたWindowsと新しく買ったMacについて、モデルなど詳細を以下に書いてみます。

  • 今まで使ってたWindows
モデル ThinkPad X270
OS Windows 10 Pro
CPU Intel(R) Core(TM) i5-7200U CPU @ 2.50GHz、2712 Mhz、2 個のコア、4 個のロジカル プロセッサ
メモリ 8 GB
ストレージ 256 GB SSD
重さ 1.4 kg(別でアダプタとコードが240g)
  • 新しいMac
モデル MacBook Air(M1、2020)
OS macOS Monterey(バージョン 12.1)
CPU Apple M1(8コアCPU)
メモリ 16 GB
ストレージ 512 GB SSD
重さ 1.29 kg

Mac独自のことでよかったこと

PCが静かで熱くならない(M1チップ)

自分が買ったモデルは「MacBook Air(M1、2020)」なのですが、M1チップが搭載されています。

このM1チップが静か。そして熱の放出も少なく、PCが熱くならない。(Intel製CPUは熱がすごく、キーボードに手を乗せるのが嫌になるときもありました

動画ファイルのエンコード時間も短くなった(詳細は後述)のですが、動画ファイルを作成中でもPCが熱くなりません

PCの使用が快適になりました。

M1チップについての僕なりの補足

以下のモデルがM1チップ搭載となっていました。(2022年1月23日の時点)

  • 14インチMacBook Pro(2021)
  • 16インチMacBook Pro(2021)
  • MacBook Air(M1、2020)←買ったのはコレ
  • 13インチMacBook Pro(M1、2020)
  • 24インチiMac(M1、2つのポート、2021)
  • 24インチiMac(M1、4つのポート、2021)
  • Mac mini(M1、2020)

逆に、Intel製のCPUが搭載されているのは下記となっていました。(2022年1月23日の時点)

  • MacBook Air(Retina、2020)
  • MacBook Air(2017)
  • 13インチMacBook Pro(2020、2つのポート)
  • 13インチMacBook Pro(2016、2つのポート)
  • 13インチMacBook Pro(2020、4つのポート)
  • 16インチMacBook Pro(2019)
  • 21.5インチiMac
  • 21.5インチiMac(4K Retina)
  • 27インチiMac(5K Retina)
  • iMac Pro
  • Mac mini(2018)
  • Mac mini(Late 2014)
  • Mac Pro

こう並べてみてみてわかったのですが、まだIntel製チップが使われているモデルの方が多いですね。

でもいずれすべてM1チップに変わると思います。「Intel製チップ搭載のMacパソコンは無くなる」、というのが僕の予想です。

理由は2つあります。

  1. 自社開発のCPUにすれば利益が上がる(別会社のIntelに発注する必要なくなる)
  2. ARMアーキテクチャCPU広がりが盛ん。(M1チップはARMアーキテクチャ)
    ※AWSでもFargateがGraviton2のサポートを開始した。(AWS Graviton2プロセッサは、64ビットのArm Neoverseコアを使用している。詳細は下記AWSブログを参照)

AWS Fargate の AWS Graviton2 のサポートを発表 – サーバーレスコンテナのコストパフォーマンスが最大 40% 向上

アップデートが少ない

Macにはアップデートはありますが、不定期で少ないです。

これはつまり、PCを使えなくなる時間が少ないと言い換えることができますね。

2021年11月に購入して、2回OSのアップデートがありました。今のところ、Windowsよりはアップデートの数は少ないです。

Windows Updateについてちょっと書いてみる

Windowsは毎月アップデートがあります。(Windows Update)

日本時間で、毎月第2水曜日にWindows Updateが配信されます。(米国時間で第2火曜に配信開始されるため)

Windows Updateについて知りたい方は、以下のMicrosoftのブログを参考にしてください。

セキュリティ更新プログラム リリース スケジュール (2022 年)

あと、Windowsにはデバイスドライバのアップデートもあったりしますね。Macにはほとんど無いです。

さらにこのデバイスドライバアップデートやっかいだったりします。アップデートしたことによって、デバイスが認識しなくなったり調子が悪くなったりします。(アップデート後にいきなりBitLockerキーを求められたこともあります)

WindowsのPCの場合は、いろいろなメーカーの部品を組み合わせて作っていますから。

MacBook Airの部品のメーカー調べてみた(少しだけ)

  • Bluetoothコントローラ
    Macアドレスベンダーコードを見てみると「B0:BE:83」となっています。こちらはApple社のコードです。BluetoothコントローラはApple社製であることがわかりました。
  • Wi-Fiのインターフェース
    こちらもMacアドレスのベンダーコードがApple社のものとなっており、Apple社製でした

Linuxライクに使える

自分はおもにインフラ側のエンジニアをしています。そのためLinuxサーバーを操作することが多いのですが、そんな僕にはMacターミナル使いやすいです。

Linuxライクコマンドを実行することができます。

GUIだとめんどくさいな、、、というとき、CUIでやると簡単だったりします。

AirPods Proにすぐ接続できる

簡単AirPods Proペアリングできます。

AirPods Proでノイズキャンセリングを使い、カフェ集中して作業するときがあるのですが、すぐに接続できるので便利です。

MacBookを開いてAirPods Proを装着すると(していると)、上の通知右上に出てきて、「接続」ボタンを押せばすぐに繋がります。

もちろん、iPhoneなどに接続し直すことも簡単にできます。

iPhoneですぐテザリングできる

iPhoneUSBケーブルで繋ぐと、すぐにiPhoneとテザリングできます。

カフェですぐにインターネットを使うことができます。

iPhoneをMacBookにつないでおいて、MacのWi-fiを切るとiPhoneでテザリングできる。そしてWi-fiをオンにすると自宅のWi-fiにつなぐことができる。使用する回線を簡単に切り替えることができます。

僕はモバイルWi-fiルーターなどは持ち歩いておらず、外でのインターネットはiPhoneで行っています。

MVMOはMineoです。すぐにプランの変更もできますし、翌月にパケットを持ち越すこともできます。

もちろんBluetoothでテザリングもできます。(iPhoneのバッテリーを消費しますが。。。)

単純にカッコイイ

これはおまけ。

単純にMacBookはカッコいい。とても気に入っています。

洗練されたデザイン、という言葉はありきたりですが、とにかくシンプルで筐体の曲線が美しいと感じます。

ただ単に新しくしてよかったこと

動画エンコード時間の短縮

動画を作るときがあるのですが、そのエンコード時間もかなり短縮することができました。

  • 1時間の動画のエンコード時間(60fps、1280 x 720)
ThinkPad X270 MacBook Air
57 分 39 分

さらにPCが熱くなりません

動画のエンコード中も音も静かです。

バッテリーの持ちがいい

バッテリーの持ちがよくなり、カフェなど外での使用が安心になりました。

今までのX270の場合、アダプタが無ければあっという間にバッテリーがなくなってました。アダプタだけで約400グラムあるのでバカにできない。

最大18時間持続するバッテリーは伊達じゃないですね。

軽い

軽いです。1.29kgです。

実はこれが一番助かっていることかもしれません。

外に持っていくにも楽だし、バッテリーの持ちもいい。

かりにアダプタを持っていくとしても、手のひらサイズの軽いものなので助かります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

もくじ
閉じる