CATEGORY ビジネス書

ビジネス書

エッセンシャル思考。働いていくことだけでなく、生きていく上で身につけておきたい考え方

「エッセンシャル思考」の読書後の感想を書きたいと思います。とにかく素晴らしい一冊でした。学生であろうと社会人であろうと必読の一冊だと思います。今行っている努力は、続けるべき努力か?今行っている戦略は、正しい戦略であるのか?世の中の大半はノイズで取るに足らないこと。フォーカスすべきは重要なことだけ。重要なことは案外少ない

ビジネス書

ジョブ理論。モノが売れるまでのプロセスに着目。購入者の物語を見る重要性

「ジョブ理論」を読みました。顧客が「なぜ」その商品を購入(雇用)したのか?顧客のストーリー(物語)にフォーカスすることの重要性を説いた本です。我々はプロダクトの高性能化に焦点を置きがちである。しかし顧客は高性能なものは求めていないかもしれない。顧客の「片付けるべきジョブ」、つまり何を解決したいのか考えることが重要である

ビジネス書

「繊細さんの本」繊細な人だけでなく、繊細な人に関わる人たちにもおすすめ

「繊細さんの本」を読んでみました。いや~、面白かった、というよりためになりました。繊細な人がどのように生きづらさを感じているのかを実例を出して説明したら、どのような方法でラクに生きることができるのかなど、具体的なアクションプランを提示しているので、わかりやすいです。感想を書かせていただこうと思います。

ビジネス書

自分を貫け!「自分の中に毒を持て」(岡本太郎著)から学ぶ生き方

岡本太郎氏の「自分の中に毒を持て」。読みました。いや~「人の目を気にするな」なんてことはわかってはいるし、別のビジネス書でもよく聞く言葉なのですが、岡本太郎氏の言葉だと響きます。。新しい本ではないのですが、今読んでもめちゃめちゃ当てはまることが多く、ハッとさせられました。日本はやっぱり保守的な国だなぁ。。。

ビジネス書

「1兆ドルコーチ」。マネージャーやリーダーなどの管理職の方はぜひ読んでみて

1兆ドルコーチという本を読んだ。この本はマネージャーやリーダーなど人の上に立っている人にぜひ読んでほしいと思います!印象に残った言葉を引用しつつ、本の紹介をしたいと思います。 ビル・キャンベルという元フットボールコーチで、GoogleやApple、TwitterやYouTubeのCEOたちをコーチしてきた人の話です。

ビジネス書

世界中の億万長者がたどりつく「心」の授業、を読んで

“世界中の億万長者がたどりつく「心」の授業”という本なのですが、世界の億万長者でさえ「受けてみたい」と思う授業だそうです。インドで開かれているそうです。その概要が一冊の本になりました。気持ちがはっきりしない、なにかもやもやする、といったことがある人は、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

ビジネス書

哲学を武器にしよう。「武器になる哲学」を読んで

山口周氏の「武器になる哲学」を読みました。「哲学は難しい」と思っている方、一読の価値ありです。

哲学の歴史は長く、今の時代にそぐわなかったり間違っていたりすることがある。間違っていることは間違っていると、ハッキリ言ってくれる本です。そして別の観点から見て、有益な視点を提供してくれる本です。

本書の感想を書いてみます。

ビジネス書

PIXARの元最高財務責任者が語る、スティーブ・ジョブズとの物語

ピクサーをご存じでしょうか?トイ・ストーリーを作ったスタジオです。そしてスティーブ・ジョブズがCEOを務めた会社でもあります。この会社に、こんなにも素敵な物語があったのかと、本書を読んで感動しました。ピクサーの歴史と、スティーブ・ジョブズと著者ローレンス・レビーの友情の物語を、ぜひ多くの人に体験してほしいと思います。

ビジネス書

幸せになる勇気。アドラーから学ぶ人への接し方

幸せになる勇気。大ベストセラー「嫌われる勇気」の続編であり完結編です。本書の読書レビューをさせていただきたいと思います。「嫌われる勇気」の復習にもなりますし、アドラー心理学へ理解を深めることもできます。もちろん「嫌われる勇気」を読んでいない方も、本書だけでたくさんの学びが得られると思います。

ビジネス書

読みました – お金のこと~フリーランス~税金で損しない~教えてください!

長いタイトルの本ですが、わかりやすく楽しい本です。税金のことを、マンガでわかりやすく解説してくれます。そして、「ギリギリまでぶっちゃける」という言葉を掲げて、僕ら国民の味方になって税金節約術を教えてくれます。

フリーランスである人も、会社員である人も、税金との距離を縮めるためにも理解を深めるためにも、本書をお勧めします

ビジネス書

FACTFULLNESS – 事実を見つめることの大切さを学ぶ

FACTFULLNESS(ファクトフルネス)。本書の著者ハンス・ロスリング氏の言葉だ。世の中はどんどん悪くなっていると思っていませんか?僕は思ってましたよ。しかし、世の中は良くなっているというのが事実です。でもそのようなことだけが書かれているのではありませんでした。真実を見る姿勢から、様々な学びを得ることができました。

ビジネス書

「人生がときめく片づけの魔法」から生き方のヒントを得る

こんまりさんこと、近藤麻理恵さんが書いた「人生がときめく片づけの魔法」。読んでみて自分のベスト3本になりました。

こんなにも片づけという身近な家事が、生き方に影響を与え人生を大きく変えるものなのかと感心しました。

この本から得たインプレッションを書きとめたいと思います。

ビジネス書

「そろそろ、大好きなことで生きていこうよ!」愛があふれる本から得た感動を書きとめる

ライフキャリアコーチ(YouTuber)であるクリスさんの「そろそろ、大好きなことで生きていこうよ!」を読みました。クリスさんの言葉を読んで、感じたことを書いてみました。本書の紹介にもなっています。自分のビジョンを見つけて人生を豊かにしていく。クリスさんの愛のあふれる言葉に勇気づけられる本です。

ビジネス書

「12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと」byモカ 読書後の感想

モカさんと高野真吾記者の共著「12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと」を読んで感じたことを書き留めたい。僕の中でベスト3に入る素晴らしい本だった。モカさんの波乱万丈な人生を綴ったエッセイでもあり「うつ」や「自殺」に対する接し方を書いた本でもある。「うつ」や「自殺」という言葉を除いても、得ることは多々あると思う。

ビジネス書

「いつやるか?今でしょ!」(林修 著)。カリスマ予備校講師から学ぶこと

林修先生の「いつやるか?今でしょ!」を読んで、印象に残った言葉をアウトプットします。

東進ハイスクール、東進衛星予備校の講師。ハートが熱いと感じただけでなく、あったかい人だなと思いました。林先生ならではの言葉の選び方とかもあり、とても新鮮な感覚で読むことができました。ぜひ、読んでみてください!このブログもね!

ビジネス書

【レビュー】堀江貴文の「ハッタリの流儀」を読み終えて思うこと

堀江貴文「ハッタリの流儀」を読んだ。感想というか、気づきというか、自分の話も交えてこのブログ記事を書いてみたい。

堀江氏の本を読むのは「ゼロ」の次の2冊目となるが、彼が言ってることがだんだん深くわかってきたような気がする。また、彼がとんがった言葉を使う理由がこの本でわかった気がする。

ビジネス書

インプット大全からの気づきをアウトプット。インプットあってこそのアウトプット

樺沢紫苑の「INPUT大全」を読んだ。図やイラストがあって、さらにひとつのセクションが短くまとめられているのでとても読みやすかった。読書が苦手な人でも、絶対に読み切れる本田。たくさんの知恵が書かれていたが、ピックアップしてお伝えしたい。

ビジネス書

「1億稼ぐ子どもの育て方」を読んで日本の教育に警鐘を鳴らす

日本の教育は間違いだらけだ。日本の教育を信じるな。「1億稼ぐ子どもの育て方」の著者はそんなことは言ってないが、俺はそう思ってしまった。間違いだらけの教育を受けてそこから脱却するのに多くの時間を要したと思う。少しでも被害者を少なくしたい。そんな気持ちから本記事を書く。